炭酸パックの起源

何百年も昔、中世のヨーロッパでは炭酸泉による治療法がありました。
ヨーロッパには、炭酸泉が多く存在し、炭酸濃度の高い温泉に入ったり
炭酸泉を飲むことで、病気の治癒に役立てられてきたといいます。

炭酸パックは最初から美容にとして開発されたものではなく、
床ずれなどの治癒のための治療法として考え出されました。

炭酸をいかに効率よく、体内に送り込むかということで考えられたのが、
炭酸パックに使われているジェルです。

そのように、治療法のひとつとして生み出された炭酸パックですが、
それが美容にも大変効果を発揮するということがわかり、
美白や美肌、ニキビ対策やしわ・しみなどのアンチエイジングのための有効成分が加えられたりして、
より美容に役立つ美容パックとして発売されたのが、現在人気を集めている炭酸パックです。

炭酸水で洗顔することでも、確かに効果はありますが、
炭酸パックはジェルにより、より多くの炭酸を肌細胞へ送ることができ、
そのことでより効果を高めることができます。

炭酸パックは、肌荒れやシワ、乾燥肌にも効果を発揮します。

肌荒れの原因は、肌のターンオーバーが乱れることが大きな原因ですが、
炭酸パックは、血行を促進し、新陳代謝を高めることで、
ターンオーバーの正常化を促し、肌荒れに効果をもたらします。

シワの原因は、肌細胞のの老化です。炭酸パックをすることで、血行・血液循環が改善され肌に栄養が届くことで肌細胞が元気になるといわれます。

乾燥も炭酸パックによって、元気になった肌細胞が水分量を保ち、乾燥肌の改善につながります。